アイフル審査

MENU
  • 急にまとまったお金が必要になった!!
  • どうしても手元のお金が不足する!!
  • なんとかして早急にお金を借りたい!!

 

このような経験をされる方もたくさんおられます。そんな時には消費者金融の利用がおすすめです。現在の消費者金融はほとんどが「即日融資」に対応しており、非常に素早い借入が可能です。

 

しかし消費者金融の利用に抵抗感を覚える方も多いのではないでしょうか。法律の整備や規制の強化により、以前に比べて悪徳業者は数を減らしています。それでも街中の名前もあまり聞いたことのない消費者金融は、やはり少し敬遠したいものです。

 

そこで大手消費者金融の「アイフル」の利用を考えてみてはどうでしょうか。「どうする?アイフル!!」などの名称でよく知られるアイフルであれば、安心して利用できるのではないでしょうか。ここではそんな「アイフル」の特徴と審査のポイントについて考えてみましょう。

 

アイフルとは?

赤い看板や独特のCMなどが有名なアイフルは、日本を代表する消費者金融のひとつです。

 

2006年頃から経営を悪化させてきましたが、最近では「かゆいところに手が届く」サービスで、再び人気を集めています。

 

申込フォームの中に「当日融資希望有無」の選択肢を設けるなど、きめ細かい取り組みにより、質の高いサービスを提供しています。

 

24時間申込可能

インターネットの公式ホームページから24時間申込を受付を行っています。日中多忙な方でも、自宅に居ながらじっくりと申込手続きを行うことが可能です。振込サービスなどにも対応していますので、わざわざ店舗や無人契約機を訪問する必要もありません。

 

最短30分で審査完了

審査結果は最短で30分で回答されます。またアイフルの「1秒診断」では、いくつかの項目を入力するだけで瞬時にある程度の借入可能かどうかの目安を知ることができます。

 

「年齢」「雇用形態(正社員・派遣社員・パーと・アルバイト・主婦などから選択)」「年収」「他社の借入金額」の4項目を入力するだけですので、手軽に利用することができます。「1秒診断」の結果は絶対ではありませんが、申込む前にぜひ利用してみましょう。

 

当日融資も可能

多くの消費者金融では「14時までの申込み完了で当日融資可能!!」というように時間を打ち出しています。しかしアイフルでは「金融機関営業日の14:10までの御手続であれば当日中に振込の確認をいたします」と但し書きがあるだけです。もちろんこれは「当日融資も可能」ということなのですが、少しあいまいな表現になっています。

 

アイフルで当日融資を希望される方は、申込フォームの選択肢に「当日融資希望有無」という項目がありますので、「希望する」を忘れずにチェックするようにしましょう。

 

またインターネットで申込を完了させておき、審査に合格しておけば遅い時間帯でも融資を受けることも可能です。審査に合格し契約を完了後、最寄りの自動契約機で直接ローンカードを受け取れば、ATMから借入を利用することができます。

 

自動契約機の営業時間は9時~21時なので、インターネットで契約まで完了しておけば夜の21時までローンカードを受け取ることができます。

 

配達時間を指定できる「配達時間えらべーる」

ローンカードが自宅に郵送されることに不安を感じる利用者も多いのではないでしょうか。

  • 「いつ送られてくるのか」
  • 「家族にばれてしまうのではないか」

 

このような不安を感じる方にありがたいのが、アイフルの「配達時間えらべーる」のサービスです。その名の通りローンカードの配達時間をあらかじめ指定することができます。家族のいない時間帯などを指定することで、アイフルの利用が家族にばれる心配もありません。

 

30日間無利息

これまではアイフルでは他社のような「無利息サービス」がありませんでした。しかし2016年3月から初回利用者に対する「30日間無利息サービス」を提供しています。これにより短期間で返済できる場合には、無利息でアイフルを利用できるようになりました。

 

かりかえ・おまとめも人気

アイフルでは他社の借入の借換やおまとめにも力を入れています。通常のキャッシング商品とは別に「かりかえMAX」「おまとめMAX」という商品を準備しており、顧客のニーズに対応しています。申込専用ダイヤルも整っており、正確なアドバイスを受けることも可能です。

 

その他、アイフルには「事業サポートプラン」「SuLaLi(女性専用キャッシング)」「目的別ローン」などの様々な商品がラインアップされています。

 

アイフルの審査ポイント

アイフルの審査基準が「厳しい」という声はあまり聞きません。むしろ口コミ情報などでは「自分でも審査に合格できた!!」というように、審査基準が緩やかであるといった情報をよく見かけます。

 

だからといって当然ながら誰でも審査に合格できるとは限りません。

 

申込み対象者の条件

まずは自分がアイフルの提示する申込条件にあっているかどうかを確認してみましょう。公式ホームページなどによると、申込み対象者の条件は以下のように提示されています。

 

「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」

 

この文章からはっきり判断できるのは年齢ぐらいです。そこでその他の文言からアイフルが求める利用者の条件を考えてみましょう。

 

定期的な収入

借入には必ず返済が伴いますので、当然利用者に収入を求めることは当然のことです。ここでポイントとなるのは「定期的な」収入であるということです。

 

たとえ収入自体が多くても「安定」していなければ、長期にわたる返済は不可能になります。逆に収入自体が少なくても「安定」していれば、借入金額に応じて最後まで返済を続けていくことが可能でしょう。

 

正社員でなくても、学生、主婦、パート、アルバイト、派遣社員、自営業、その他「定期的な安定した収入」があれば、アイフルでも十分審査に合格できることになります。

 

返済能力

返済を行うだけの「能力」を備えていることも当然の条件となります。たとえ収入自体が多くても、例えば他社に多くの借入を抱えている状態では返済能力も乏しいと判断されるでしょう。

 

また「定期的な収入」を確保できる「勤務状況」もポイントです。勤務形態の他に、勤務先や勤続年数などからの返済能力も判断されます。

 

当社基準を満たす

キャッシングやカードローンなどをはじめとする「審査基準」は、一般的には公表されません。なぜなら審査とは申込者のあらゆる面を判断して、総合的に「貸してもいいかどうか」を決定する作業だからです。

 

例えば審査基準として「年収○○円以上」という内容を公表した場合でも、その他の項目に問題がある場合には貸出を認めることができません。つまり明確な審査基準を公表することは、事実上不可能なのです。

 

アイフルでも明確な審査基準は公表していません。ここでいう「当社基準を満たす」という条件も、ある程度想像するしかありません。

 

先の「定期的な収入」「返済能力」などの条件を踏まえたうえで、借入に対して十分に返済できるだけの見通しがあれは、それは「当社基準」を満たしている可能性も高いでしょう。

 

逆に「返済できるかどうか不安」と感じる場合には、概ね「当社基準」を満たしていない可能性が高いといえるのではないでしょうか。

 

非常にあいまいな表現になってしまいましたが、審査に合格できるかどうかは一度受けてみなければわかりません。自分の過去・現在・未来の状況をよく把握したうえで、無理のない申込を行うことで、審査に合格できる可能性も高くなります。

 

アイフルを利用する場合には、再度自分の状況を振り返り「1秒診断」でまず審査の目安を確認してみてはどうでしょうか。